忍者ブログ


BOXMITH -きぞは工房ブログ-

きぞは工房代表「きぞはる」のブログ

きぞは工房、新しいものを4つ作ってます

お久しぶりです、きぞはるです。

気がつけば蒸し暑い日が続く7月と8月の境目。
しかしなんと、これが2019年最初のブログ記事です。
2019年の前半は箱大会2019の運営に注力しており、きぞは工房のブログは全く書いておりませんでした。

が、水面下では新しいものづくりを4つほど進めておりました。
それがこちらです。

 ボールホルダー

 耐久調整版ぷらきぞはこ


 正方形ボックス


 スポンジボックス


詳細は近日中に別記事で紹介させて頂きますので、今回は軽い紹介だけしようと思います。
よろしければ最後まで目を通して頂けましたら幸いです。



◼️ボールホルダー
去年勢いで作成したものの正式に作って欲しいとの声を複数頂いたので、製品化に向けてずっと試作を続けていました。
一つ形として仕上がったかなと思いますので、近々リリースさせて頂きます。

この商品は、きぞは工房としては初めて3Dプリンターで製作した製品となります。
3Dプリンター製ということで色々と不安材用が多い状況ですので、少し変わった販売形態を取らせて頂きます。


◼️耐久調整版ぷらきぞはこ
ぷらきぞはこの破損データが集まり、強度に余裕がある箇所・ない箇所がわかってきました。
余裕のある個所は薄く軽く、軽くなった重量分は余裕がない箇所を頑丈に。
そういった調整の結果生まれたのが、耐久調整版ぷらきぞはこです。

これに関しても少々事情がありますので、少し変わった販売形態を取らせて頂きます。


◼️正方形ボックス
その名もずばり、正方形のぷらきぞはこです。

12cmサイズと18cmサイズの2種類があります。
作って欲しいという声が複数あったので勢いで作りました。


◼️スポンジボックス
こちらもまたその名の通り、スポンジ製のシガーボックスです。

この製品を作った理由は、家で映画を見ながらフラリッシュの練習をしたいが絶対にパソコンや家具にぶつけて傷を付けたくない、という思いからです。
静音性や柔らかさを活かし、夜中に家でちょっと手遊びをしたり手癖を付けたりなど。
がっつり使い込むというより、1箱だけ持って室内で気軽に遊ぶように使っていただければ十分かと思います。





4つのいずれも、販売時期などの詳細は別途ブログや公式ツイッターアカウントにて情報を発信させて続報をお待ち頂けますと幸いです。

それでは、2019年も後半になりましたが、今年もきぞは工房をよろしくお願い致します。

以上
PR

今後、シガーで試してみたいこと(最終更新2015/4/10)

今後試してみたいこと(2015/4/10現在)

 上に書いてある事ほど、

 今現在、熱心に取り組んでいる。





・光るシガーボックス(仮名LEC:Light Emitting Cigar-box)の製作

 →目下、一番大きな目標。もうすぐ、試作器が完成しそう?



・持ちやすい、扱いやすいシガーボックス

 →試作機、製作中。



・夜に公園で練習できる静音性の高いシガーボックス

 →音が静かになるかもしれないシガーを何個か試作した。

  テスト待ち。

  ずっと、指摘されてたし、最近自分でも気づいたけど、

  きぞはこはヘンリースより静からしい。

  A面板厚の違いかな?



・部屋の中でレインボーとかしても、部屋を壊さない、

 周りに優しいシガーボックス

 →クッション付のシガーを試作したけど、

  精度悪いのでリトライ。



・分解して、コンパクトに持ち運べるシガーボックス

 →構想は出来た。夏以降に時間出来たら挑戦。



・耐久性の追求

 →最終的にはシガーは壊れないから、

  コスパいいよねって言われたい。

  永遠のテーマ

  第4世代シリーズで多少一区切り。



---------空想枠---------

・プロジェクションマッピングを利用して、柄が動くシガーボックス。



・ARシガーボックス

 シガーボックスのデザインをARマーカーにして、

 スマホ越しにシガーを見てもらって、

 何かできないか。



以上