忍者ブログ


BOXMITH -きぞは工房ブログ-

きぞは工房代表「きぞはる」のブログ

「イケポイ」裏話

今回は、きぞはるです。


先週のブログ記事、突然のポイ制作の話で驚かれたかと思います。
というより、どうしてこうなったのか自分でも未だに驚いています。
そこで今回は、きぞはる視点で何があったのか裏話的なものを書こうかと。


さかのぼること数か月前、仲の良いシガラーから1本の連絡がありました。


「Ikeというポイを自作している人が、代理の製作者を探している」


この時Ikeさんとの面識は一切なし。
何の脈絡もない話に困惑したものの、とりあえず直接連絡が取れるようになりました。
お互いに「初めまして」からのスタートです。


当時のIkeさんの状況は、
・イケポイというポイを作り、他のポイスピナーに提供している。
・イケポイの評判は上々。だと思う。
・これから社会人になるので、継続して作り続ける時間が取れない。
・時間の都合上誰か後継者はいないか…と、サークル内でボソッと言ったところ、シガラー経由できぞはるへ話が繋がった。
といったところ。


話を聞いて「僕も社会人なんですけど…」と思ったり。
ただ、話をする内、Ikeさんの道具へ対するこだわりに僕と同じものを感じました。

決定的だったのがIkeさんの
「世に出回っているコンタクトポイは、ポイスピナーが本当に使いやすいものになっているのか疑問だ」
という発言でした。


僕はシガーボックスで全く同じことを考え、きぞはこの制作に至っています。
同じことを考えている人が居たことに強烈な感銘を受けました。

イケポイ制作に関わってみよう、と決めました。


折角なのでブラッシュアップも含め、二人で一から設計からやり直すことに。
旧イケポイのエッセンスは踏襲しつつ、僕の今までのモノ作りの経験を導入。
結果として、変わらなかったのは紐の材質くらいかな?というほど生まれ変わりました。


時には、
「本当にボールが必要なのか?」
「両端とも90mmのボールでいいのでは?」
「ノブなんて紐むすんどきゃよくね?」
なんてくだらないことでも大真面目に考え、可能性を模索し、調査・検討・製作・ゴミ箱行きを繰り返しました。


生産を引き継ぐだけのはずが、設計の見直しまですることになったものの、
「ポイスピナーの皆さんに満足してもらえるものが出来た」by Ike
とのことです。


そんなこんなでやっと形が出来上がりました。
耐久テストとか何やらはこれから。
まだまだ先はありそうです。


ということで、今回は「Ikeの意見×きぞは工房の技術力でイケポイを生まれ変わらせたよ~」というお話でした。

以上




追伸:
イケポイ制作にあたり一番面倒だったことは、数か月間twitter上でIkeさんと他人の振りをし続けないといけなかったことです。
PR

「イケポイ」作ります

はじめまして、Ikeです。
ポイをやっている社会人1年目の者です。

今回はきぞはるさんに代わって、筆を執らせて頂きます。
少し私の自己紹介をしますと、Poi Spinners collection、通称ポイコレ2015で優勝、JJF2015 CSファイナル出場経験があり、あと自作ポイの制作もしておりました。

きぞは工房のブログに、何故自分のようなポイスピナーが現れたのか?
理由は至ってシンプルです。

きぞはるさんから大幅な技術協力を頂き、自作コンタクトポイの制作を行ったからです!

きぞはるさんとの協力の元で大胆な改良を行った結果、もはや別物に生まれ変わったような気がします。
いや、確実に生まれ変わりました!!

この生まれ変わったポイの名前は「イケポイ」です。

これまでに作ったコンタクトポイをベースに、きぞはるさんが培った素晴らしい製作技術。
そこに私のポイに対する知見を多く詰め込んだものになっております。


最大の特徴は“柔らかさ”です。

冬の寒い時期に体へ当たっても痛くない硬さに仕上げています。

ボールとノブを私たちで全て検討・製作。
徹底的に拘った結果の賜物です。


また、個々人の細かい要望へ応えられるよう、カスタマイズ性もこだわりました。 
・紐の長さが調整できる。
・ボール、ノブの重さを選択注文できる 。
・ボール、ノブ、紐の色を自由に組み合わせて注文できる 。
・1本単位で購入できる。


現段階では、やっと理想の形が実現したところです。
今後は耐久テストを行う予定です。


また、今年のWJDにイケポイを持っていきます。

関東⇔関西間の電話会議では限界があるので、きぞはるさんと熱い製作会議をするためにも、WJD大阪へ顔を出すつもりです。

興味のある方がいらっしゃいましたら、ゼヒ触って頂きたいです。
熱い意見をお待ちしております!